就職先企業を訪れる!博多織黒木織物さん

  • 2016.02.05 Friday
  • 22:35
今年の3月卒業予定の着物科の学生がお世話になる黒木織物さんにご挨拶に伺いました。

福岡空港から地下鉄、JRに揺られ約40分で、最寄駅の今宿に着きました。

福岡にくるといつも異国の風を感じます。やはり海が広がっているためでしょうか、空が広く感じます。
黒木社長がわざわざ車で今宿駅までお迎え下さいました。

会社に着き色々とお話をお伺いできました。



黒木社長はお若いのですが、

とても素晴らしい方でした。

とても温和に話しをされるのですが、内容が劇熱です。

ちょっとしたドラマのような内容です。

大手の地方問屋さんの下請けメーカーから、オリジナル商品をほぼ全てを一貫して製造できるメーカーに企業を変えて来られました。

大変勉強になりました。

一通り商品などお見せいただき、会社の中を見学させていただきました。







驚いたのが働いている方が若い!

黒木社長のもと世代交代を進めていらっしゃいます。なかなかできることではありません。

昨年にはIBUKIという名の直営店を博多駅近くに開かれたとのこと。

伝統の博多織を未来に!


在校生がお世話になりますが、どんどん成長させていただけそうで安心しました。

黒木社長
今日はありがとうございました


黒木織物さんのホームベージはこちら



IBUKIのフェイスブックベージはこちら

和裁・染色・織物・着物デザイン・着付を学ぶ大原和服専門学園のホームベージはこちら






 

卒業生の職場紹介。4名が働いている袁存舎さんがテレビに紹介されました。

  • 2015.01.09 Friday
  • 18:25
当学園の卒業生が4名お世話になっている袁存舎さんが

昨年12月5日と26日KBS京都「京ビズ(ビジネタ)」で紹介されました。

袁存舎さんは、寺院に使われている日本刺繍の打敷の再生リフォーム事業や法衣のクリーニング事業をされていて、


伝統的な業界の中でも異色なベンチャー企業です。

当学園の卒業生が法衣のメンテナンス部署で4名働いていて、

和裁技術をみにつけた卒業生の職場紹介としてお知らせいたします。



下記のアドレスからユーチューブの動画でご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=9nvk3KWJl0Y

袁存舎さんのホームページはこちら

和裁・染め・織のプロを育てる専門学校・大原和服専門学園はこちら。

博多織・西村織物蟆饉卆睫精唾眠颪魍催しました。

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 20:56
今日の放課後、福岡の博多織の有名なメーカー 

西村織物蠅亮萃役 西村聡一郎さんによる企業説明座談会を開催しました。


西村織物説明会.JPG
西村織物蠅蓮帯のメーカーとしては1861年創業で、

それ以前には生糸の輸入など貿易に携わっていたという

福岡では老舗中の老舗の企業です。

今、着物ユーザーの方々は、おしゃれ着として買われる層が増えてきていて、

メーカーさんも、消費者目線で着物を作ることが求められてきています。

そこで、きものが好きな若い人材を求めたいと当学園で説明会を開催いただきました。

2時間近くお話と、学生との質疑応答をして頂き、とても密度の濃い内容となりました。

九州方面の学生も多く話を聞いていました。

奈良にいて、全国の方々が来校頂き、業界のHOTな話を聞かせていただくことは、

学生たちにとても大切なことです。

何故か、最後はSOUSOUさんの人気ハンカチのじゃんけん大会で〆となりました。

西村織物説明会2.JPG
西村さん本日はありがとうございました。


学校のホームページはこちら。興味のある方は是非見て下さい。

西村織物蠅離曄璽爛據璽犬呂海舛蕁




 

大手和装ブライダルメーカーさんに内定をいただきました。

  • 2012.09.30 Sunday
  • 00:27

28日(金)に在校生2名が来て、

「内定をいただきました」

と報告に来てくれました。

ほんとうに良かったです。1人1人進路が決まっていくと

肩の荷が徐々に軽くなっていきます。

2名は和装ブライダルの大手メーカーに内定をいただきました。

長い間、進路では大変お世話になっている企業様です。

今働いている卒業生も長い間頑張っている卒業生が多く、

社会人として成長している姿を見ると感謝の気持ちでいっぱいになります。

現場で役立つ人材を育て、企業様からも評価をいただき、後輩たちの進路を広げていく。

一朝一夕にはなかなかできないことです。

しかし、この地道な積み重ねがすべてです。

私は、これからの学校で大切だと感じていることは、

学生が自力で進路を勝ち得ていくことに加えて、

学校が、その学生の性格ややりたいこと、できることなどを把握し、

企業様の人材ニーズを把握し、それをマッチングしていくことを

強力にサポートする体制が必要だと思っています。

学んだ分野で仕事をする・・・これが学校の役割です。

内定おめでとう。

これから卒業までの期間も地力をつけ、後輩の進路を広げるべく頑張っていきましよう。自分一人ではないのですよ。


学校のHPはこちらです。興味のある方はぜひ見てください。
1年生が感じた着物・和裁の良さを発表するエンジョイきものブログも見てくださいね。

北海道のきもの企業に内定。学生の就職模様

  • 2012.08.26 Sunday
  • 12:00
 学生たちが夏休みを終えて全国から学校に帰ってきました。

今年就職活動をしている学生が

「ちょっと・・おはなしが。」

と声をかけてくれました。

「どうしたの。」

「実は、北海道の札幌の着物企業さんに内定をいただきました。」

サプライズ!!

非常にうれしかったですね。

今回の内定は、講師先生からのご紹介です。ありがとうございました。


このように、学校の方針に理解をしていただいている講師先生やご協力をいただいている方々が、常々学生の進路のことも心配してくださり、さまざまなサポートをしていただいています。


今の求人のニーズは、私たちから働きかけて発掘していかないとなかなか厳しい時代です。

学校では、”着物を好きを生きる力へ”を掲げて、
学んだことを活かせるように進路を創造しています。

今回は、着物企業様が新しい事業展開を考えている中で、私たちの育てた学生とマッチングできました。情報と出会うタイミングがとても重要なのです。

変化を味方にする。言葉では簡単ですが、さまざまな方々のお力とネットワークとを活かしてご協力を頂いての結果です。

今年も昨年以上に学生たちの未来を創造していきますよ。

学生のみんな、自分の未来を自分の足と力で勝ち得よう!!









calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM