卒業生のお仕事紹介・文楽衣裳係

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 20:24
社会人から入学し、卒業後、伝統芸能・文楽の衣裳係として働いている

木下幸子さんのお仕事を紹介します。


CIMG2322 - コピー.JPG

文楽の衣裳係は、演目が決まると配役に合わせ、衣裳や小物類一式を揃え、

その際、補修・新調しアイロンを掛け、人形遣いの方にお渡しします。

これを前拵えといいます。


CIMG2329.JPG
(役柄に合せて人形拵えされて出番を待つ人形)


それらの生地の発注や衣裳等の管理も大切な仕事です。

CIMG2333.JPGCIMG2335.JPG
(衣裳行李と数多くの衣裳)

人形の胴体は空洞なので、ほとんどの衣裳に綿を使用しますが、

その扱いはとても難しいものです。

衣裳の仕立ての基本は和裁ですが、独特なもので、

また、前拵えのお手伝いをさせていただく中でも、

自分の知識・技術の未熟さを感じ、勉強の毎日です。


CIMG2327.JPG
(木下さんの道具箱)

CIMG2328.JPG
(文楽衣裳の縫い方がびっしり書かれている木下さんのノート)                


一人前の衣裳係を目指して、これからも頑張っていきたいと思っています。



これから和裁を目指す人々へ

和裁はとても素晴らしい技術です。

着物を着る人は減っていますが、

確かな技術と知識があれば、仕事はなくなることはないと信じています。

生涯修行の世界だと思いますが、それだけの価値ある仕事だと思いますので、

一人でも多くの人に和裁を学んでほしいと思います。


学校のホームページはこちら。興味のある方はぜひ見てください。





 

卒業生のお仕事紹介・舞台衣裳

  • 2013.11.06 Wednesday
  • 15:09
小椋さんが働く八幡衣裳さんは、
明治時代に創業の日本舞踊の専門衣裳店です。
華やかな舞台を縫製のプロとしてささえる小椋さんのお仕事を紹介いたします。
 



私は、今、日本舞踊の舞台衣裳の制作をしています。

IMG_4194.JPG
 
色とりどりの衣装にかこまれた小椋さんの仕事風景。真ん中が小椋さん。

在学中、プロ和裁士を目指して実践的な実技授業をしていたので、新卒で入社したすぐでも、専門用語などわからないことがあまりなく、先輩の社員の方々からは、何年もいるみたいな雰囲気だねと言われたりしました。


縫製は、学校で縫っていた時より粗めに縫います。


理由は公演ごとに演者さんのサイズに合わせて豪華な着物の寸法を変えていくので、生地を傷めないように、解けやすいようにするためです。


IMG_4173.JPG

同じ着物でも舞台衣裳独自の工夫が随所にあるので、舞台用の着物の縫製の奥深さになれるため色々教えていただいています。


 IMG_4196.JPG

先日、先輩社員の方に「休みの日やけど、舞台を見に来ない?」と誘われ、早速見に行きました。

いつも職場で縫っている衣裳が、一般の方には入ることができない楽屋や舞台裏で、自分の手を離れてどうなっていくのか見れたことは大変良い経験になりました。


IMG_4201.JPG
特に舞台で足を上げたり!!あんなに激しく動くの!!
と普段の着物との違いに驚いてしまいました。


今、仕事を通して日本古来の伝統芸能に携わることができ、誇りを感じています。

そして、見てくれる人がいることもやりがいです。

引き抜きなどの仕掛けの衣裳を引き抜くと“わーっ”と会場に拍手と歓声が起こります。

生で舞台を見た経験を活かして、衣裳を作る喜びと責任を感じてこれからもがんばっていきたいです。


学校のHPはこちら。興味のある方はぜひ見てください。

小椋 靖子さん
【プロフィール】
福井県出身
高校卒業後、
平成19年4月に大原和服専門学園に入学。
平成23年3月に和裁科卒業後、
すぐに八幡衣裳蠅頬ダ週蚕竸Δ箸靴篤社。
着付営業の先輩達と一緒に、全国の日本舞踊の舞台をささえ、現在に至る。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
    m (10/28)
  • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
    木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
  • ありがとうございました。澤社長
    園長 (09/11)
  • ありがとうございました。澤社長
    澤 隆政 (09/11)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/30)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/29)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/28)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM