第56回おきなわ技能五輪全国大会終了しました。

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 10:22

第56回おきなわ技能五輪全国大会が終了いたしました。

 

和裁職種の競技会場は、

宜野湾市にある沖縄コンベンションセンターで行われました。

IMG_5216.jpg

1日目が午前3時間 午後3時間

2日目が午前3時間

計9時間で袷長着の縫製を行いました。

IMG_5217.jpgIMG_5213.jpg

参加した選手たちは、和裁だけではなく様々な職種の同世代の若い人々が真剣に競技に臨む姿勢はとても刺激を得たようでした。

IMG_5210.jpgIMG_5209.jpgIMG_5208.jpg

競技終了後、参加証の交付が1人1人に手渡されました。

IMG_5230.jpgIMG_5229.jpg

今回残念ながら入賞には届かなかったのですが、

1人1人次の課題に向かって、あらたな挑戦をしていきます。

IMG_5224.jpg

競技期間中、沖縄出身の卒業生が補佐員として競技のお手伝いをしていたり、

会場に応援に着ていただき交流を深めることができました。

在校生の卒業後の進路の相談など卒業生には大変お世話になっています。

 

IMG_5245.jpg

閉会式で、案内役の女性が琉装衣裳をきていたのですが、

卒業生が1着 縫い上げたとのことでした。

色々な場所で卒業生が活躍している姿はとても心強く感じています。

これからもお互い助け合い、和裁の未来を創っていきましょう!

ありがとうございました。

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付の技術を学ぶ大原和服専門学園のHPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第16回ふろしきデザインコンペ 着物染織科3年山村咲也花さん 佳作入賞しました!

  • 2018.10.25 Thursday
  • 12:57

第16回ふろしきデザインコンペ(主催:日本風呂敷協会主催)にて

当学園 着物染織科3年山村咲也花さんが佳作に入選しました。

蝶々が全面のデザインで、この蝶々はすべて手描きで書かれたものです。

20181025122239-0001.jpg

 

このふろしきデザインコンペは、レベルが高く多くの美術系大学も出品しています。

その中での入賞は学生本人にとっても大変価値のあることで、自信に繋がったことと思います。

 

 

入選作品展示会が下記の日程で開催されます。是非お近くの方はお越しください!!

 

(京都会場)
11月10(土)〜11月23日(金・祝)11:00〜17:00
場所:京都市中京区室町通六角下ル鯉山町510番地
宮井京都ビル 宮井蝪桶ショールーム
交通:地下鉄・阪急京都線 「四条駅」徒歩5分

 

(東京会場)
12月1日(土)〜12月7日(金) 11:00〜17:00
場所:東京都中央区日本橋人形町3丁目4番6号
風呂敷専門店 江戸の匠・東京唐草屋
交通:東京メトロ・日比谷線・都営浅草線「人形町駅」A5出口徒歩2分

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付の技術を学ぶ大原和服専門学園のHPはこちら

第11回現代手織物クラフト公募展で在校生が「織の財団賞」の入賞はじめ多数入選しました。

  • 2018.10.22 Monday
  • 16:34

現代手織物クラフト公募展は、織物のプロ、および将来プロを目指す人が創作した独創的で優れた織物作品を展覧し、広く織物愛好家に向けて紹介するとともに、自立の道を拓く支援叔母となることを目的に毎年、長野県の駒ヶ根シルクミュージアムにて開催されています。

本年度は第11回で、

当学園の着物染織科3年の浅子祐紀子さんが「織の財団賞」を受賞しました。

着物染織科3年 浅子祐紀子
タイトル 着物「そうび銘仙」

浅子_着尺.jpg

入選作品
着物染織科3年 新井美優
タイトル 着物「碧のきらめき」
新井_着尺.jpg

着物染織科3年 梶谷かえで
タイトル 木綿着尺「藍と桃」
梶谷_木綿_着尺.jpg

着物染織科3年 野中ゆかり 
タイトル 着物「新緑日和」
野中_着尺.jpg

着物染織科3年 山村咲也花
タイトル 着物「錦鯉」
山村_着尺.jpg

着物染織科2年 木都老渚
タイトル 着尺「アイヌ」
木都老_名古屋帯.jpg

入賞した在校生の皆さんおめでとうございました。

 

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付の技術を学ぶ大原和服専門学園のホームページはこちら
 

 

第63回 全国和裁技術コンクール 開催

  • 2018.09.09 Sunday
  • 18:06

本日、(一社)日本和裁士会主催 第63回 全国和裁技術コンクールが開催されました。

 

全国和裁技術コンクールは、63年の歴史がある伝統ある技術コンクールで、内閣総理大臣賞をはじめ、経済産業大臣賞・厚生労働大臣賞・文部科学大臣賞・農林水産大臣賞を有する競技大会として、全国から選ばれた和裁士を目指す人々がその技を競います。

 

昨年の全国和裁技術コンクールで優勝した当学園の桐山志穂が優勝旗を(一社)日本和裁士会手島会長に返還しました。

IMG_4936.jpg

 

制限時間6時間で袷長着を縫い上げます。

IMG_4952.jpg

選手の皆さんがんばれ!!

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付の技術を学ぶ大原和服専門学園のHPはこちら

 

技能五輪の盾とメダルが届きました

  • 2017.12.01 Friday
  • 10:59

第55回とちぎ技能五輪全国大会の金賞の盾とメダル、敢闘賞のメダルが学校に届きました!

 

「厚生労働大臣賞」「金賞」盾は第一位の人のみなんですよ!

 

 

 

 

メダルがとても凝ったものなのでご紹介します。

 

こちらは栃木県内の高校生がデザインしたものだそうです!

 

栃木県の日光杉に見立てた年輪と伝統工芸である鹿沼組子をモチーフとし、栃木県の産材の大谷石を活用しているそうです。

 

年輪は「技能の継承」鹿沼組子は「華々しく栄える」と言う意味で、その2つを合わせて、技能を受け継ぎ、開花・発展の願がデザインに込められているそうです。

 

 

和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のHPはこちらです

第55回技能五輪出場の奈良県代表選手団が表敬訪問に行きました

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 10:35

 

11月7日(火)から栃木県で開催される第55回技能五輪全国大会及び第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)に参加する奈良県選手団の一員として、出場に際して村井副知事及び中川産業・雇用振興部長へ挨拶に行きました。

 

村井副知事と・・・

 

 

和裁研究科に在籍する当学園の代表2名は毎日1時間早く学校に来て、大会指導の先生とウイークポイント克服の練習をしています。

 

 

 

今回の技能五輪では42職種の競技が行われます。

 

これからの将来の職業を考えるうえで参考にされてはどうでしょうか?技能五輪HP

 

和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園

 


 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    学園長 (09/30)
  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    嵐 (09/16)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
    m (10/28)
  • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
    木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
  • ありがとうございました。澤社長
    園長 (09/11)
  • ありがとうございました。澤社長
    澤 隆政 (09/11)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/30)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/29)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM