現代手織物クラフト展入選者のコメント紹介

  • 2017.12.07 Thursday
  • 09:54

先日、第10回現代手織物クラフト展に出展していた作品が戻ってきたお話をこちらのブログでご紹介しました。

 

第10回現代手織物クラフト展では、当学園の卒業生がグランプリを受賞、着物染織科の在校生7名が入選しました。

 

入選した在校生のコメントを掲載いたします。

 

新井さんの入選作品(名古屋帯)

 

 着物染織科2年 新井さんより受賞のコメント

 

 制作をするにあたり、斬新かつ自分らしさを表現したデザインにしたいと思い、新しい技法に挑戦しました。

 

オランダの民族衣装の色使いを参考に、沖縄の読谷式花織の繊細で可愛らしい刺繍のような風合いに着目し、左右対称になるように花の位置を決め、個性と柔らかさのある花織に仕上げました。

 

初めて名古屋帯を制作し、経糸本数の多さや花織の難しさに苦戦し、織ることの大変さを身をもって知りました。

 

しかしそういう経験を通して、手織りの価値と完璧ではない手作りの温かみも知ることができました。

 

ひとつのものに長い間向き合い、認めていただけた経験を、今後のもの作りの糧にしていきたいと思います。

 

 

和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちら

 

グランプリを受賞した藤原さんの紹介記事はこちら

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
    m (10/28)
  • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
    木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
  • ありがとうございました。澤社長
    園長 (09/11)
  • ありがとうございました。澤社長
    澤 隆政 (09/11)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/30)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/29)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/28)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM