卒業生が関わったカンキレきものが最優秀賞を受賞しました!

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 08:25

平成30年3月11日に京都府 染織・工芸課が主催の「カンキレきものコンテスト2018 KYOTO」というコンテストが開催されました。

20180313185428-0001.jpg

カンキレきものコンテストは「簡単に!」「感動して」「習慣的に」着ることができる着やすさとファッション性を兼ね備えたきものを企業が創意工夫をして競い合うコンテストです。

 

今回は、振袖部門とカジュアル部門の2部門です。

29062701_2035013526526927_4086987593500065792_n.jpg

写真(左)卒業生・本夛美徳さん・(中心)室町京正 那須社長・(右)きものエッセイスト&イラストレーター きくちいまさん

 

昨年、着物工芸科を卒業し、京都の高級友禅メーカー・室町京正に就職した本夛美徳さんが中心に進めたカジュアル部門のカンキレきものが最優秀賞を受賞しました。

入社1年目にしてチェレンジできる仕事を任され、すばらし結果を出すことができました!!

29067225_2035013456526934_1050106782178869248_o.jpg

左から6番目が作品です。

 

本夛さんから今回の作品開発についてコメントをいただきました。

 

《コンセプト》
誰でもきれいに 早く楽にきることができるきもの

《工夫した点》
・半衿や帯、普段の着付けでは腰ひもを用いるところ等にマジックテープを使い、着る人の体型に合わせ調整ができるようにした

・袖の内側に長襦袢の袖を縫い付けたり、おはしょりを予めつくって仕立てる等、着姿は一般的なきものと同じになるよう意識した

・説明書の作成や、コンテスト当日のモデルへのレクチャーでは、なるべく着物の用語を使わずに簡潔に伝わるよう言葉を選んだ

 

卒業生が学園で学んだことを基礎に業界の様々な人々と関わりながら、新しい着物の可能性を追求している姿は本当にうれしいことです。

今後ともがんばって着物の未来を創造していきましょう!!

 

室町京正のホームページはこちら

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付けの技術を学ぶ大原和服専門学園のホームページはこちら

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    学園長 (09/30)
  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    嵐 (09/16)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
    m (10/28)
  • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
    木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
  • ありがとうございました。澤社長
    園長 (09/11)
  • ありがとうございました。澤社長
    澤 隆政 (09/11)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/30)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/29)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM