和小物メーカーのお仕事 ものづくりのプロになる夢がかない毎日が楽しい!

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 20:24

鈴木志穂さん(2018年3月和裁専攻科卒業)

蟾皺勤務

新潟県・長岡大手高校出身

 

私は、小さい時から手芸が好きで高校は地元の家政科のある高校に進学しました。
そして、本格的なものづくりのプロを目指して、大原和服に入学し和裁づけの毎日を過ごしました。

卒業後の進路を考えた時、手でつくる仕事がしたい、できれば完成まで早くできあがるものが作りたいと考えていました。
夏に学校の紹介で今の会社に会社見学に行き、社長の話を伺った時にやりたいことに近いことができるのではないかと思い就職を決めました。

 

現在は、おじゃみやせんべい布団のくけを主に担当しています。1個1個どうしたらきれいに早くできるのかなど段取りを考えながら取り組むことができていてやりがいを感じています。

 

 

 

また、当社の製品は、大量生産でつくる座布団ではなく、1つ1つ素材を変えたり、形を工夫してオーダーメイドに近いつくり方をしています。そのため、1つ1つの生地の状態を見極めてくけていかないときれいな仕上がりにならないので、1つ1つの生地の個性を考えてつりあいと地の目を意識して製作しています。

 

  

 現在当社では、使わなくなった思い出のある帯や着物を「おじゃみ座布団」に仕立変える事業も始めました。さらに技術を磨いて様々な生地にも対応できるようにしていきたいです。

 

小さい時からずっと手づくりで作ることが好きで、今は念願のモノづくりの仕事ができているので夢がかない毎日がとても楽しいです。

 

洛中高岡屋のホームページはこちら

 

古都奈良で和裁・染色・織物・着物デザイン・着付の技術を学ぶ 大原和服専門学園のホームページはこちら

大原和服専門学園の体験入学会の申し込みはこちら

大原和服専門学園の全国学園説明会の申し込みはこちら

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    学園長 (09/30)
  • 第63回 全国和裁技術コンクール 開催
    嵐 (09/16)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
    m (10/28)
  • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
    m (10/28)
  • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
    木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
  • ありがとうございました。澤社長
    園長 (09/11)
  • ありがとうございました。澤社長
    澤 隆政 (09/11)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    園長 (05/30)
  • 日本茜の懐かしい匂い
    春 (05/29)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM