2017年12月11日のつぶやき

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 02:51
09:38
毎日新聞社より技能五輪「金賞」受賞の取材を受けました  https://t.co/93fpZuQQOX #jugem_blog
10:54
12月8日 針供養を行いました https://t.co/tf2jOYs4n0 #jugem_blog
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    12月8日 針供養を行いました

    • 2017.12.11 Monday
    • 09:51

    12月8日、当学園で針供養を行いました。

     

    当日はあいにくの雨模様・・・針供養の日に雨が降るのは珍しく、10年に1回ぐらいなのですが、その10年目に当たったようです。

     

    いつもは学園の玄関前にある「針塚」前で行うのですが、今回は学園内の講堂にて行われました。

     

     

    学生達は、普段お世話になっている針に感謝し、技術の向上をお祈りしました。

     

     

     

    この模様は奈良テレビの「ゆうドキッ」にて放送されました。

     

    奈良テレビ「ゆうドキッ」の放送はこちらです。

     

    和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちらです

    2017年12月08日のつぶやき

    • 2017.12.09 Saturday
    • 02:51
    09:29
    毎日新聞社より技能五輪「金賞」受賞の取材を受けました  https://t.co/93fpZuQQOX #jugem_blog
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      毎日新聞社より技能五輪「金賞」受賞の取材を受けました 

      • 2017.12.08 Friday
      • 09:28

      第55回技能五輪全国大会で「金賞」を受賞した、和裁研究科4年の桐山志穂さんが毎日新聞社奈良支局の取材を受けました。

       

       

      緊張しながらも、笑顔で取材を受けました。

       

      本日、12月8日朝刊の毎日新聞奈良版に取材記事が掲載されています。

       

      奈良版なので、残念ながら奈良の方しか見れませんが・・・

       

       

      毎日新聞の桐山さんの記事はこちら 

       

       

      和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちら

       

       

       

       

      2017年12月07日のつぶやき

      • 2017.12.08 Friday
      • 02:51
      10:02
      現代手織物クラフト展入選者のコメント紹介 https://t.co/hgqRHZU3ru #jugem_blog
      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        現代手織物クラフト展入選者のコメント紹介

        • 2017.12.07 Thursday
        • 09:54

        先日、第10回現代手織物クラフト展に出展していた作品が戻ってきたお話をこちらのブログでご紹介しました。

         

        第10回現代手織物クラフト展では、当学園の卒業生がグランプリを受賞、着物染織科の在校生7名が入選しました。

         

        入選した在校生のコメントを掲載いたします。

         

        新井さんの入選作品(名古屋帯)

         

         着物染織科2年 新井さんより受賞のコメント

         

         制作をするにあたり、斬新かつ自分らしさを表現したデザインにしたいと思い、新しい技法に挑戦しました。

         

        オランダの民族衣装の色使いを参考に、沖縄の読谷式花織の繊細で可愛らしい刺繍のような風合いに着目し、左右対称になるように花の位置を決め、個性と柔らかさのある花織に仕上げました。

         

        初めて名古屋帯を制作し、経糸本数の多さや花織の難しさに苦戦し、織ることの大変さを身をもって知りました。

         

        しかしそういう経験を通して、手織りの価値と完璧ではない手作りの温かみも知ることができました。

         

        ひとつのものに長い間向き合い、認めていただけた経験を、今後のもの作りの糧にしていきたいと思います。

         

         

        和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちら

         

        グランプリを受賞した藤原さんの紹介記事はこちら

        2017年12月05日のつぶやき

        • 2017.12.06 Wednesday
        • 02:51
        13:11
        12月8日に「針供養」を行います https://t.co/d8FjJEl7fG #jugem_blog
        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          12月8日に「針供養」を行います

          • 2017.12.05 Tuesday
          • 12:01

          今週の金曜日、12月8日、13時30分より当学園「針塚〜はりづか」前にて、平成29年度「針供養〜はりくよう」を行います。

           

           

          針供養とは日頃使っている針への感謝の気持ちと技術向上を願って、折れたり錆びたりして使えなくなった針を豆腐に刺し、供養する行事です。

           

          12月8日は農耕を終える仕事納めの日で、つつしみをもって過ごす日とされていたことから、この日は針仕事も休むべきと考えられていました。

           

          針仕事は昔の女性にとっては大切な仕事で、また縫い針は生活に欠かすことのできない道具でしたので、事納めの日は針仕事を休み、お世話になった針に感謝して供養し、奉納していました。

           

          大原和服専門学園でも、12月8日は授業はお休みです。この日は縫い物はしません。

           

          当日は学生達は自分で作った着物を着用して行事に参加します。

           

           

          どなたでも参加していただけますので、お近くの方はご参加下さい。

           

          和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちら

          2017年12月04日のつぶやき

          • 2017.12.05 Tuesday
          • 02:51
          11:13
          現代手織物クラフト展 出展作品が戻ってきました https://t.co/juoeV4l5SY #jugem_blog
          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            現代手織物クラフト展 出展作品が戻ってきました

            • 2017.12.04 Monday
            • 11:13

            第10回 現代手織物クラフト公募展に入選した作品7点が、駒ヶ根での展示が終わって学校に戻ってきました。

             

            内2点は、着尺(着物にする生地)でしたので、仮絵羽状態での出展でした。

             

             

             

            仮絵羽とは、訪問着や振袖などお店で展示さてれいるような着物の出来上がりのような状態です。

             

            でも仮なので、きちんと仕立てられている訳ではありません。

             

             

            出来上がりがどんな状態か見えるようにするだけなので、線が付いたり、折り跡が付いたりしないようにする仕立てです。

             

            ざくざく縫いです。

             

            この仮絵羽も当学園でしています。

             

            ピンクの作品は、仕立てを依頼されていますので、これから学園にて本縫いします。

             

            八掛(はっかけ)(←裾周りにつける裏地) も学園で染めました。

             

            出来上がりが楽しみです。

             

             

            和裁・染め・織り・着物デザイン・着付を学ぶ専門学校 大原和服専門学園のホームページはこちら

             

             

             

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << January 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介  秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
              m (10/28)
            • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介◆ 秒紊訖佑鮃佑┐襦瓢訶世鰺椶
              m (10/28)
            • 和裁科・和裁研究科1年浴衣実習学生レポート紹介 ”着る人を考える”視点を養う
              m (10/28)
            • 東京上野の男の着物専門店を訪ねて
              木寺幹@藤木屋・店長 (03/12)
            • ありがとうございました。澤社長
              園長 (09/11)
            • ありがとうございました。澤社長
              澤 隆政 (09/11)
            • 日本茜の懐かしい匂い
              園長 (05/30)
            • 日本茜の懐かしい匂い
              春 (05/29)
            • 日本茜の懐かしい匂い
              園長 (05/28)
            • 日本茜の懐かしい匂い
              春 (05/27)

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM